TOEFL iBT®試験会場運営のメリット

試験会場としての活用により、さまざまなメリットが得られます

1.グローバル化する経済・社会への貢献

  • 自学生・教職員に限らず、受験機会の提供は、経済・社会の国際競争力の基盤強化を担います。

2.教育事業とのシナジー

  • 学生・教職員への支援
    国際化に対応した学生、教職員の英語運用能力向上を支援し、渡日前の入学許可を円滑に推進することができます。

3.研修スペースの有効活用

  • 今ある施設を使って
    研修室(教室)、が使用されていない時間を試験会場として使用できます。
  • 空き時間を活用
    試験開催日は年間約40回前後の土日のみです。一定の条件を満たした上で、貴社(貴校)の都合に合わせて設定できます。それにより、研修室(教室)の有効活用が可能です。

4.手数料収入

  • 代行手数料の受けとり
    貴社(貴校)で試験を実施された場合、実施数に応じて当社より試験実施の代行手数料をお支払いいたします。

5.知名度向上

  • 貴社(貴校)の存在をアピール
    定期的に試験を開催することにより、受験に訪れる方々に貴社(貴校)の存在をアピールすることができます。

>>TOEFL iBT試験会場 開設の流れはこちら