プロメトリックの節電対策に関するご報告

2011年09月

政府の電力使用制限令発令をうけ、プロメトリックでは4月に社内対策プロジェクトチームを立ち上げ、節電に取り組んでまいりました。具体的な対策としては、適切な空調管理、一部電球のLEDへの変更、使用していない電器機器類の電源オフ、社内設置自動販売機の削減等です。これらの積み重ねにより、4月から8月までの電力使用量において、前年対比マイナス30%を達成しました。

当社のメインサービスであるCBT(Computer Based Testing)ではPCを使用して試験を実施するため、安定した電力供給は欠かせません。そのため、全社あげての節電への取り組みは当社にとっての社会的責任ととらえ、社内の啓発活動を継続的に行いました。
プロメトリックでは今後も、社内で浸透した電力の適切な使用に対する姿勢・考え方を継続してまいります。