プロメトリック、米国内科試験委員会(ABIM)の改訂試験配信業務を受託

2009年10月26日アメリカ合衆国メリーランド州ボルチモア

テスト・評価サービスの世界的なリーディングカンパニーであるプロメトリックはこの日、米国内科試験委員会(ABIM)が病院医学試験改訂版の配信元に、プロメトリックを選んだことを発表しました。

ABIMの試験改訂版は、全世界のプロメトリックテストセンターで2010年10月の特定の1日または2日間の配信を予定しています。『Internal Medicine with a Focused Practice in Hospital Medicine』(病院医学の実務に特化した内科試験)の認定では、病院医学試験に合格することが必要条件となっています。ABIMは一般内科医の入院患者に対する治療実務に焦点を当て、その専門知識、スキルおよび取り組み方の妥当性を測るためにこの試験プログラムを作りました。

米国の勤務医およそ20,000人のうち、約85%がこれまで自分の専門実務に関し認定を受けていなかった内科医です。受験資格を有する内科医は、ABIMから内科に関する認定を受け、主に病院医学を専門とする実務に携わる必要があります。この試験のほかにも、内科医はその分野の認定を維持するために継続的に実務試験を受ける必要があります。

ABIMの博士で、副会長および計量心理学研究アナリストを兼任するRebecca S.Lipner氏は次のようにコメントしました。「病院内で患者治療に献身するABIM認定内科医数が増加していることを受け、新試験 『Focused Practice in Hospital Medicine 』(病院医学の専門実務)を開発しました。プロメトリックは、きわめて少ない日数で多数の試験を実施し管理することができる能力を示してくれました。わたしたちはこの新試験の配信が成功するものと確信しています」

プロメトリック クライアントサービス・セールス 部長 Bill Murtaghは次のようにコメントしました。「プロメトリックテストセンターでは、ヘルスケア業界大手の認定主催団体が提供する試験を受験することができます。今回、ここに著名なABIMが『Internal Medicine’s Hospital Medicine』 試験の主催団体として加わったことを、大変嬉しく思います。プロメトリックは試験を配信する信頼あるパートナーとしての役割を、真剣に果たしていきたいと考えています。また、プロメトリックがこのような主催団体を顧客に迎えることができたのは、プロメトリックの試験配信および運営の技術がこの業界で高く評価されたことによるものと確信しています」

プロメトリックが実施しているヘルスケア業界の認定試験は、ABIMのほか米国医科大学協会(Association of American Medical Colleges)、全米医師国家委員会(National Board of Medical Examiners)、米国家庭医療学会(American Board of Family Medicine)、小児医学委員会(American Board of Pediatrics)などがあります。

ABIMの病院医療試験および必要条件に関する詳細は、ABIMホームページ (http://www.abim.org/news/news/focused-practice-hospital-medicine-qa.aspx) をご参照ください。

プロメトリックについて

ETSの全額出資子会社であるプロメトリックは、テストおよび評価サービスの世界的なリーディングカンパニーとして認知されています。テスト開発、テスト配信およびデータ管理機能を含む包括的なサービスを提供し、試験プログラムを世界に展開するためのサポートを行ないます。現在、学術機関、専門機関、官公庁、企業、およびIT業界450社にわたるクライアントのテストを年間700万以上実施しています。また、163カ国10,000カ所以上のグローバルなテストセンターを通じてテストを配信するとともに、Webを通じて直接受験者にテストを配信しています。

米国内科試験委員会(ABIM)について

米国内科試験委員会(ABIM)は、内科医およびサブスペシャリストに対して専門委員会による認定(医師としての資質を図る指標)を交付する独立系非営利団体です。認定プログラムは、医師としての知識、技術および取り組み姿勢を評価する、厳正で包括的なものとなっています。また、患者および医療費負担者に、医者が特定分野に関する能力を有することを約束します。ABIMホームページ www.abim.org では、ABIMの認定を受けた医師を検索することができます。