プロメトリック、Project Lead The Wayとオンライン試験配信および研究に関する契約を締結

オンライン評価試験の配信ベンダープロメトリックがPLTWコース受講生徒の成績を追跡、中学校から中等教育後までの生徒の進路を観察する新たな研究計画も

2009年11月5日 アメリカ合衆国 メリーランド州ボルチモアおよびニューヨーク州クリフトンパーク

中高生徒向けに科学、技術、工学、数学などの教育カリキュラムを提供する米国の非営利非課税組織Project Lead The Way (PLTW)およびテスト・評価サービスの世界的なリーディングカンパニーであるプロメトリックはこの日、2009-2010年期中にPLTW提携高校の全生徒20万人を対象としたオンライン試験配信に関し、新たに業務提携を結んだことを発表しました。また、生徒の科学、技術、工学、数学分野(STEM)の学習方法および学力向上を分析する研究を実施することも発表しました。

新契約にうたわれている研究では、米国の高校生に対するオンライン試験配信のほか、中高から中等教育に進む生徒の進路を追跡し、PLTWがデータを細かな人口統計的区分に分類できるようになります。PLTWは今後5年間に生徒100万人以上に対し評価試験を実施する予定です(STEMに関する評価としては米国最大規模となります)。

評価試験はプロメトリックのIBTを用いて校内で実施され、PLTWは自動レポートツールを使用できるようになります。自動レポートツールによって生徒のデータおよび成績が従来よりも可視化され、教師および試験監督員が生徒の出欠席および成績を容易に管理できるようになります。

PLTW CEO John Lock氏は次のようにコメントしました。「生徒の成績評価はPLTWにとって最優先事項です。LTWは生徒の学習および出欠席に関し、最も適切で信頼性のある最新のデータを作る必要があります。これによって、PLTWでは常時カリキュラムを改善し、世界で最も革新的で創造力に富む生徒を育てていることを示すことができます。プロメトリックはPLTWが予測するオンライン評価試験の配信数を達成できる経験およびインフラを備えていると信じています」

現在PLTWでは、コース修了試験を伴う10コースを実施しています。PLTWはデータを用いて生徒の知識内容、専門分野の主要科目に関する修得度、大学進学準備および認知発達に対するPLTWカリキュラムの効果を測定することができます。このほか、オンライン評価測定では生徒の履修コース、そのコースを履修する生徒数、履修生徒の人口統計データおよびPLTWの生徒の数学、科学関連授業の成績データを即時に取得することができます。

プロメトリック クライアントサービス・セールス部長Bill Murtaghは次のようにコメントしました。「PLTWがプロメトリックのシステムを選んでくれたことを大変光栄に思います。また、きわめてユニークでいまも発展を続けるSTEMカリキュラムのために、これからPLTWと共に取り組んでいけることを嬉しく思います。プロメトリックのIBTは、PLTW試験配信に伴う物理的管理の手間を大幅に軽減する柔軟で直感型の技術です。このほか、このカリキュラムに参加する教師および生徒にとっては操作がきわめて簡単な上、成績データを的確に把握することができます。 」

今後数週間以内に、PLTWは新年度最初の評価前試験の実施をはじめとする別の研究構想を発表する予定です。生徒の学習成果を判断するために、この評価前試験の成績がコース修了試験の成績と比較されることになります。その他の研究構想では、「デザイン思考」「創造的思考法および発明思考法」をに取り組むことになっています。

プロメトリックについて

ETSの全額出資子会社であるプロメトリックは、テストおよび評価サービスの世界的なリーディングカンパニーとして認知されています。テスト開発、テスト配信およびデータ管理機能を含む包括的なサービスを提供し、試験プログラムを世界に展開するためのサポートを行ないます。現在、学術機関、専門機関、官公庁、企業、およびIT業界450社にわたるクライアントのテストを年間700万以上実施しています。また、163カ国10,000カ所以上のグローバルなテストセンターを通じてテストを配信するとともに、Webを通じて直接受験者にテストを配信しています。

Project Lead The Way, Inc. (PLTW)について

PLTWは中高生徒向けに科学、技術、工学、数学などの教育カリキュラムを提供する米国の非営利非課税組織です。PLTW®の包括的カリキュラムはPLTWの教師、大学教育関係者、工学および化学の専門家、学校経営者らの協力によって開発されたもので、批判的思考法、創造性、革新および実社会の問題解決に重点を置いています。実践的なプロジェクト型カリキュラムによって生徒の興味を刺激し、普段生徒が追求することのない学習分野に惹きつけることを狙いとしています。このほか、生徒に対し、大学およびSTEM関連分野の職業での成功につながる基礎および実績ある道筋を示すものとなっています。PLTWは大学レベルの工学専攻者不足を解消するための指定プログラムとして、1998年ニューヨーク州北部にある12の高校で始まりました。いまでは全米50州およびコロンビア特別区の中高約3,400校に広がり、30万人以上の生徒がPLTW®コースを履修しています。