プロメトリック、DSSTの新試験「Business Ethics & Society」を配信

 

2010年1月11日 アメリカ合衆国 メリーランド州ボルチモア

テスト・評価サービスの世界的なリーディングカンパニーであり、アメリカの大学の履修単位を取得できるDSST™試験を配信する米国プロメトリックはこの日、DSSTの新試験「Business Ethics & Society」の配信を開始したことを発表しました。

新たに受験できるようになった「Business Ethics & Society」試験は、受験者が試験合格によって単位を取得できるDSST試験の38番目の分野となっています。プロメトリックが配信しているDSSTの既存試験と同じく、CBTとマークシート方式試験のうちいずれかの形式で受験することができます。

「Business Ethics & Society」試験は一連のDSST試験と同じく、100問の複数選択肢問題から成り、制限時間は2時間です。主な試験範囲は以下の通りです。

・Business Ethics
・Moral Philosophies and Business Ethics
・Social Responsibilities of Business

・Regulation of Business
・Employer-Employee relations

・Ethics of Information
・Ethics in International Business
・Corporations and stakeholders

・Ecology and Global Business
・Business and Government

米国教育協議会(ACE)は、この試験が学士後期3単位に相当すると評価し、推奨しています。サンプル問題および推奨の学習教材を紹介した概要がDSST試験サイト からご覧になれます。

プロメトリックDSSTプロダクトマーケティングマネージャGiannina Rachetta は次のようにコメントしました。「単位認定試験としてこの新試験を配信できることを、嬉しく思います。多くの社会人学生が、この試験が取り扱うテーマに関しすでに精通しているものと考えています。この新試験が無事始まり、次はACEによる単位認定が行なわれます。これまでと同じく、年齢を問わずあらゆる学生に対し、選択肢が広いうえに学費負担を抑えられる柔軟性の高い学習方法を提供することになります。プロメトリックの責任も今まで以上に大きいものであると受け止めています。」

過去2年間でDSST38試験のうち14試験の内容が改訂され、ACEによって改めて単位認定試験に推奨されています。試験一覧および学習教材その他の情報はwww.getcollegecredit.comでご覧になれます。

プロメトリックについて

ETSの全額出資子会社であるプロメトリックは、テストおよび評価サービスの世界的なリーディングカンパニーとして認知されています。テスト開発、テスト配信およびデータ管理機能を含む包括的なサービスを提供し、試験プログラムを世界に展開するためのサポートを行ないます。現在、学術機関、専門機関、官公庁、企業、およびIT業界450社にわたるクライアントのテストを年間700万以上実施しています。また、163カ国10,000カ所以上のグローバルなテストセンターを通じてテストを配信するとともに、Webを通じて直接受験者にテストを配信しています。

DSSTプログラムについて

DSST単位認定プログラムは、事前学習評価の一形式として学生に大学の単位認定を受ける機会を提供しています。米国教育協議会(ACE: American Council of Education)の認定により、社会科学、数学、応用技術、ビジネス、物理化学および人文科学といった大学のさまざまな分野にわたる38試験が用意されています。DSST試験に合格した人には、1,900を超える受け入れ大学によって単位が授与されます。DSST試験は全世界の1,200以上の大学や米軍施設で実施されています。DSST単位認定プログラムはプロメトリックが所有しており、1974年以来、学生に短期間で大学単位を取得できる道を提供しています。