プロメトリック、米国家庭医学委員会との長期契約を更新

2012年1月10日 アメリカ合衆国メリーランド州 ボルチモア

テスト開発・配信サービスのプロバイダーとして市場をリードし信頼を得ているプロメトリックは、米国家庭医学委員会(American Board of Family Medicine, ABFM)との間でCBTサービスに関する長期独占契約を更新したことを発表しました。

2007年のプロメトリックとの初の契約締結以降ABFMは、独自の社内技術システムへの依存をなくし、スケジュールや予約プロセスその他を管理するなど、多くの改良や効率化を最大限活用すべく、試験プログラムを刷新してきました。さらにABFMは、増加する受験者数に対応しながらも、数多くの場所で試験配信し続けることが可能です。将来的にABFMはプロメトリックと協力し、臨床シミュレーションを試験に組み込むなど多くの技術強化を行う予定です。

「プロメトリックとは長年にわたる信頼関係を築いてきました。そのサービスレベルと協力関係には満足しています。ABHMのPresident and CEO、James Puffer博士は述べています。「ここ数年、ABFMはプロメトリックのテクノロジーのおかげで多くの受験者にとってよりよいものになりました。プロメトリックとの協業がわれわれの試験プログラムにさらなる革新をもたらしてくれることを楽しみにしています。」

プロメトリックのSales and Client Services SVP、Bill Murtaghは述べています。「ABFM以上に熱心で創造力があり、協力的なパートナーはいません。ABFMの試験プログラムに関して今後も協業できることをうれしく思います。自らのニーズ、要望、目標を明白にしようというABFMの姿勢のおかげで、われわれは彼らに代わりまた受験者の利益のため、質の高いサービスを提供することができるのです。

プロメトリックについて

ETSの全額出資子会社であるプロメトリックは、テスト開発と配信業務のプロバイダーとして信頼を得ています。プロメトリックが持つ、市場をリードするテスト開発とテスト配信のサービスは、試験プログラムを世界に展開するためだけではなく、試験の結果を正しく計測するためのサポートも行います。現在、学術機関、専門機関、官公庁、企業、およびIT業界400社にわたるクライアントの試験を年間1,000万件以上実施しています。また、160カ国10,000カ所以上のグローバルな試験会場を通じて世界中に試験を配信するとともに、Webを通じて直接受験者に試験を配信しています。
詳細はwww.prometric.com をご覧ください。

ABFMについて

米国家庭医学委員会(American Board of Family Medicine, ABFM)は、米国医療専門委員会の会員で、米国でも最大規模を誇る医療専門家協会のひとつです。1969年に設立されたボランティアによる非営利の民間団体で、優秀な医療ケアの促進を目的としています。ABFMは、同委員会が認定した家庭医がその能力をいかんなく発揮し、家庭医の専門性と専門能力を証明できると確信しています。ABFMは、認定家庭医は必須トレーニング・経験を積んでいるため個人や家族に対して質の高いケアができるということ、また家庭医の優秀さは数年間にわたる医師経験により維持されるということを、資格保持制度を通して患者に対して保証したいとしています。