試験作成の将来像とは?プロメトリック、フロリダ州フォートローダーデールで開催される2013年ATP大会で試験作成の発展と将来について議論

2013年2月1日 アメリカ合衆国メリーランド州ボルチモア

試験作成・配信ソリューションのプロバイダーとして市場をリードし信頼を得ているプロメトリックは、ATP Innovations in Testing 2013 Annual Conferenceの開催中に業界のリーダーたちと一堂に会し、試験作成の分野で生じている進歩や可能性、課題について話し合う予定です。この大会はフロリダ州フォートローダーデールで2月3日から6日まで3日間の日程で開催され、プロメトリックはそのプラチナスポンサーを務めます。

「試験作成の将来に向けたプロメトリックのビジョンは、より安全で包括的かつコスト効率のよいソリューションを試験主催団体の皆様に提供するものです。複数の技術プラットフォームでの試験作成に対応するほか、作成した試験の市場への導入を迅速にします。」プロメトリックのTest Development SVP、Stephen Williamsは述べています。「プロメトリックは2012年末にMyItemWriterを市場に投入しました。この新ツールによって、より多くのSME(試験対象分野の専門家)に参加してもらい、知見を広げ文化的意識を高めるとともに、最終的には、一層充実した内容の試験問題を作成することが可能になります。このように、試験問題執筆をより包括的に支援するMyItemWriterの機能は、早くも当社のクライアントから好意的に受け入れられています。」

MyItemWriterは、プロメトリックが近く公開を予定している試験作成ツールシリーズの第一弾です。このツールは無料で利用可能で、Prometric.comからダウンロードできます。MyItemWriterの使いやすいクラウドベースのアプリを活用することで、試験主催団体の皆様は試験作成プロセスに組み込める知識をより深めることができます。

「これからの専門能力試験を支えるサイエンスを活用すれば、以前に確立された垣根を越えることが可能となり、利便性が向上していきます。」Williamsは述べています。「世界規模でナレッジワーカーがますます必要とされている昨今、拡張可能なコンテンツ作成における当社の専門知識は、コンピュータを利用したダイナミックな試験環境をサポートすると同時に、試験問題の保全性も保証します。」

2013年ATP大会においてプロメトリックが行う試験作成関連のセッションでは、以下の内容を盛り込んでいます。

スポンサーセッション:試験作成2.0
試験主催団体の皆様が現在抱えているニーズとして、市場投入までの時間に関する要求、試験問題の作成コスト、先進的な出題方法、試験構成の複雑さ、出題頻度、知的財産の保護について取り上げます。

試験の仕様策定におけるデルファイ法の利用
従来の業務分析要件から、コンセンサスを見出すデルファイ法への変化、および結果としてもたらされる試験の仕様について検討するプレゼンテーション。

合否基準の設定:出題方法の多様化に伴う課題への対応
モジュールの合格点設定における異なる方法の使用、および補償型(compensatory)モデルまたは連結型(conjunctive)モデルいずれかの結果を処理する手順について説明するプレゼンテーション。

プロメトリックについて

ETSの全額出資子会社であるプロメトリックは、技術を活用した試験配信・評価ソリューションのプロバイダーとして信頼を得ています。能力測定におけるグローバルスタンダードとして、プロメトリックは学術機関、金融、官公庁、ヘルスケア、専門機関、一般企業、およびIT業界400社にわたるクライアントの試験を年間約1,000万件確実に実施しています。イノベーションや業務プロセスの自動化により、プロメトリックはクライアント着想のアイデアに基づいて品質、速さ、コストのいずれの面においても優れたサービス向上を実現し、各クライアントが人材を適切なタイミングで適材適所起用することをサポートしています。またプロメトリックは、160カ国8,000カ所以上のグローバルな試験会場を通じて試験を配信するとともに、Webを通じて直接受験者に試験を配信しています。
詳細はwww.prometric.comをご覧ください。

本文中に記載されている製品名や試験名称は、各社の登録商標または商標です。なお、本文中では、TM、(R)マークは表記しておりません。