The Open Group、 ArchiMate 2.0 Foundation認定プログラムの配信に、プロメトリックが提供するインターネット形式のグローバルな試験配信ネットワークを利用すると発表

―新たな認定によって、エンタープライズアーキテクチャ向けのオープンで独立したモデリング言語に関する知識の深化を推進 ―

2013年3月4日 アメリカ合衆国メリーランド州ボルチモア

The Open Groupは本日、新たなArchiMate 2.0 Foundation認定試験が認定トレーニング機関だけでなく、世界各地にあるプロメトリックの試験会場でも受験可能になると発表しました。

「ArchiMate 2.0 Foundation認定プログラムは、専門家がエンタープライズアーキテクチャの基本概念や主な用語、およびArchiMateモデリング言語を理解していることを証明できるよう支援します。」BiZZdesignのCEO兼The Open GroupのArchiMate Forum議長、Henry Franken氏は述べています。「この言語は、プロセスと言語の両面からエンタープライズアーキテクチャの完全な標準を提供するものであり、認定プログラムが今後こうした規律の効果を高める助けになることは間違いありません。」

ArchiMate 2.0認定試験では、受験者がArchiMateモデリング言語の表記法、用語、構造、概念に関する知識を習得しているかを評価することに重点をおいています。この段階の学習目的は、知識と理解が中心になります。60分間の試験は、2009年以来6,300人以上が受験しているTOGAF 9 Foundation試験と基本的に同じ形式です。

「プロメトリックはThe Open Groupに対し、ArchiMate 2.0 Foundation認定プログラムを160カ国以上で配信するための包括的な試験配信ソリューションを提供します。」プロメトリックのCOO、Charles Kernanは述べています。「受験者はすべての試験において、公平で利便性が高く、安全かつ信頼できる方法で受験できます。私たちは、ArchiMateプログラムの今後の成長に向けてThe Open Groupを支援できることを楽しみにしています。」

The Open GroupのArchiMate Forumが開発した標準であるArchiMate 2.0は、エンタープライズアーキテクチャ向けのオープンで独立したモデリング言語であり、さまざまなツールベンダーやコンサルティング会社がサポートしています。ArchiMate 2.0を利用すれば、企業幹部、エンタープライズアーキテクト、システムアナリスト、ソフトウェアエンジニア、ビジネスプロセス・コンサルタント、インフラエンジニアなど様々なプロフェッショナルが、職種を越えて理解を深めることができ、コラボレーションの改善につながります。

2012年1月のArchiMate 2.0認定プログラム開始以来、すでに500人以上の専門家が、オーストラリア、オランダ、南アフリカ、スウェーデン、英国、米国に拠点を置くトレーニング機関の9つの認定コースを通じて、認定を受けています。ArchiMate 2.0 Foundation認定試験の狙いは、ArchiMateモデリング言語の表記法、用語、構造、概念に関する受験者の知識を評価することにあります。

「ArchiMate 2.0 Foundation認定プログラムを利用すれば、業界標準のモデリング言語を活用することで、複数のエンタープライズアーキテクトによるビジネスとITの整合性をさらに高めることができます。」The Open GroupのArchiMate Forumディレクター、Raina Wissing氏は述べています。「個人や組織の皆様にArchiMateの基本をしっかり理解してもらえれば、ビジネスの変化に対応できる体制の改善につながります。」

ArchiMateについて

ArchiMateはエンタープライズアーキテクチャ向けのオープンで独立したモデリング言語であり、さまざまなツールベンダーやコンサルティング会社がサポートしています。ArchiMateは、エンタープライズアーキテクトが事業領域間の関係を明確に説明、分析、視覚化できるよう支援します。

 

The Open Group Architecture Framework(TOGAF)について

TOGAFは業界標準のエンタープライズアーキテクチャフレームワークであり、内部でエンタープライズ情報システムアーキテクチャを開発・利用したい組織は、このフレームワークを自由に使うことができます。1990年代半ば以来、The Open GroupのArchitecture Forumに参加する世界一流のIT顧客組織やベンダー組織の一部の代表者たちが、TOGAFの開発と継続的な改善に携わっています。
フォーラムに関する詳細は、Architecture ForumのWebサイトhttp://www.opengroup.org/architecture/をご覧ください。

 

The Open Groupについて

The Open Groupはベンダーや技術に中立な国際コンソーシアムで、参加組織はこれを基盤に、IT標準および認定プログラムの開発を主導するほか、主な同業他社やサプライヤー、ベストプラクティスへのアクセスを得ています。また相互運用性やベンダー中立性を確保するために、ガイダンスやオープン環境も提供しています。The Open Groupに関する詳細はhttp://www.opengroup.orgをご覧ください。

 

プロメトリックについて

ETSの全額出資子会社であるプロメトリックは、技術を活用した試験配信・評価ソリューションのプロバイダーとして信頼を得ています。能力測定におけるグローバルスタンダードとして、プロメトリックは学術機関、金融、官公庁、ヘルスケア、専門機関、一般企業、およびIT業界400社にわたるクライアントの試験を年間約1,000万件確実に実施しています。イノベーションや業務プロセスの自動化により、プロメトリックはクライアント着想のアイデアに基づいて品質、速さ、コストのいずれの面においても優れたサービス向上を実現し、各クライアントが人材を適切なタイミングで適材適所起用することをサポートしています。またプロメトリックは、160カ国8,000カ所以上のグローバルな試験会場を通じて試験を配信するとともに、Webを通じて直接受験者に試験を配信しています。
詳細はwww.prometric.comをご覧ください。

本文中に記載されている製品名や試験名称は、各社の登録商標または商標です。なお、本文中では、TM、(R)マークは表記しておりません。