米国CFP資格認定委員会とプロメトリック、CFP®試験の配信で複数年契約を更新

2013年8月29日 ワシントンD.C.

Certified Financial Planner Board of Standards(米国CFP資格認定委員会)とプロメトリックは、CFP®認定試験の配信において複数年契約を更新したことを発表しました。現在、CFP®認定者は、家計管理や退職後の計画から、納税管理、投資、学資計画の立案に至るまで、これまで以上に不可欠な人材となっています。CFP®認定を目指す受験者は、米国CFP資格認定委員会のWebサイトから試験を申し込むことができます。

「CFP®認定者は、広範な教育や経験に関する要件を満たし、厳格な倫理基準を守り、私たちの総合的な試験に合格しているという点で傑出しています。」米国CFP資格認定委員会のCEO、CAE(Certified Association Executive)、Kevin R. Keller氏は述べています。「プロメトリックとのパートナーシップの下でCFP®試験を実施することにより、受験者にとって安全な試験環境を確保できるだけでなく、試験結果の安全な管理や妥当性が保証されます。」

米国CFP資格認定委員会とプロメトリックは2003年以降、75,000件を超えるCFP®試験を配信してきました。

「消費者や雇用者は、信用に足る認定資格を持つ専門家に信頼を寄せます。」プロメトリックのPresident and CEO、Michael Brannickは述べています。「彼らはCFP資格の保持者が、親身になって担当顧客に対応する真のプロフェッショナルであることを知っているのです。プロメトリックの目的は、自らの知識、スキル、能力を、公正で実績があり信頼できる環境で証明できる機会を、誠実な受験者に提供することであり、われわれは今後も長期にわたって米国CFP資格認定委員会との協力関係が継続できることを楽しみにしています。」

米国CFP資格認定委員会について

米国CFP資格認定委員会のミッションは、CFP®認定を付与し、これを有能かつ倫理的なパーソナルファイナンシャルプランニングの卓越性を示す認定基準として掲げることによって、公共の利益に資することです。ミッションの推進にあたっては、米国CFP資格認定委員会の理事会が一般市民、CFP®認定者、その他の関係者を代表します。米国CFP資格認定委員会は米国でCFP®、CERTIFIED FINANCIAL PLANNER™、CFP®(プレートのデザイン)、CFP®(炎のデザイン)の認証マークを保有しており、米国CFP資格認定委員会の認定条件を最初の認定以降、継続して満たしている個人に交付しています。米国CFP資格認定委員会は現在、68,000人以上の個人に対してこれらのマークの米国での使用を許可しています。

プロメトリックについて

Educational Testing Services(ETS)の全額出資会社であるプロメトリックは、テスト開発と配信業務のプロバイダーとして市場をリードし、信頼を得ています。その人に最も適した試験を、最も便利な場所で、最も便利な時間に提供する。プロメトリックは、これを最重要課題に掲げ、全力を上げて世界各国の受験者をサポートしており、受験者が受ける試験の件数は年間1,000万件近くに達しています。現在、技術革新とワークフローの自動化、標準化により、プロメトリックは、試験作成・配信ソリューションを進化させて、その高品質化、迅速化、低コスト化を進めています。

現在、教育機関、金融機関、官公庁、医療機関、業界団体、一般企業およびIT業界における400を超えるクライアントの委託を受け、160カ国8,000カ所以上のグローバルな試験会場を通じて試験を配信するとともに、Webを通じて直接受験者に試験を配信しています。

詳細はwww.prometric.comをご覧ください。