プロジェクトマネジャーにこれから求められるもの

2010年05月19日掲載

前回のコラムでは、ITサービス運用者に求められるものについて、プロジェクトマネジメントの立場からPMI日本支部の方々にお聞きしました。
今回は「プロジェクトマネジャーにこれから求められるもの」と題して、ITサービスマネジメントの立場から、エクシン・ジャパン代表取締役社長 中川 悦子氏にお話を伺いました。 本取材にあたり、中川氏は事前にITIL Managerの資格を持つ有識者の方々と協議し、その情報を踏まえて、質問に答えてくださいました。

■運用しやすいシステムとは

− 運用しやすいシステムの開発を依頼するために、ITサービス運用者がプロジェクトマネジャーに求めるものは
   何でしょうか。

エクシン・ジャパン

代表取締役社長
中川 悦子氏

中川:まずは、運用しやすいシステムの定義をはっきりさせておいたほうが良いでしょう。一点目は顧客の要件事項にあったシステムなのかということ、二点目は費用対効果の高いサービスを提供/構築しているシステムなのかということです。担当者個人が楽に運用できるかどうか、ということではありません。

プロジェクトマネジャーは顧客要件などをヒアリングした上で開発を行いますが、彼らなりの解釈で開発を進めてしまう場合もあると思うのです。費用対効果の高いシステムなのかどうか、というビジネスの視点での判断が非常に重要です。

開発から運用にいたるまでの今までの流れは、「開発したのであとは運用お願いします」というように、開発と運用とが分断されていることが多くありました。そのような流れでは、開発したシステムが運用しやすいものなのかどうか、実際に運用してみないとわからなかったのです。
本来は、要件定義や設計、仕様決定といった様々なポイントで、きちんと運用側の担当者が意思決定に参加する必要があると思うのです。プロジェクトマネジャーにも、運用側の意見や要望を聞く姿勢を持って欲しいと思います。お互いの意見交換を行いながら開発していくのが、開発から運用にいたるまでの良い流れではないでしょうか。

先日開催されたitSMF Japanのセミナーでは、ある金融系企業で「ITサービス管理部」という部門を作ったという話がありました。その部門では、ITサービス管理マネジャーがサービス導入に関するすべての権限を持っていて、そのマネジャーが承認しない限り、導入させないそうです。部門が新設されたことにより、新たなサービス導入のためのシステム開発を行っても、運用側の承認がおりないと導入できなくなり、また、開発の仕様を決める段階から全ての各フェーズにおいて、ITサービス管理部門のレビューが入り、意見を取り入れるようになったそうです。

−プロジェクトマネジャーとITサービス運用者の相互交流、話し合いが重要になると言うことでしょうか。

中川:話し合いならびに合意でしょう。導入するサービスについてお互いが話し合い、合意します。合意に基づいてシステム開発を行い、要件定義、設計、構築、テストといったフェーズごとに運用側もレビューをして問題がないか確認していくのです。そういったプロジェクト管理を行っていけば、問題の多いシステムができあがる、ということはまず無いでしょう。

■プロジェクトマネジメントは職種ではなくスキル

−プロジェクトマネジャーにITサービス運用者との交流や合意を意識してもらうには、何が必要だと思いますか。

中川:開発、運用の担当者がお互いの業務を理解する必要があると思います。
PMIのPMP資格においては、資格継続のためにある一定量のPDU(Professional Development Unit)が必要になってきます。PDU取得のための継続学習として、ITサービスマネジメントのセミナーに参加していただくのも良い方法でしょう。そのほかにはジョブローテーションでしょうか。プロジェクトマネジャーになるには運用経験が無ければいけない、運用経験を経てからシステム開発を行うようになる、といったローテーションの仕組みが社内にあると良いと思います。

多くの方が、プロジェクトマネジメントは職種ではなくスキルだと考えています。プロジェクトマネジメントの仕組みを知っている、というスキルだといえるのではないでしょうか。ITサービスマネジメントの中でもプロジェクト管理という観点が必要になってくるので、運用の現場でもITサービス運用者がプロジェクトマネジメントのスキルを活用することはあると思うのです。

−プロジェクトマネジャーとITサービス運用者がお互いの業務を理解し、相互交流をはかっていくことのメリットは
   何でしょうか。

中川:費用対効果の高く、顧客要件にあったシステムを構築できることではないでしょうか。それによって、最初にお話した、運用しやすいシステムの定義にあったシステムを構築できるようになっていくでしょう。

時には、費用対効果の高いシステムを構築した結果、運用担当者個人のレベルで見ると「手間が増える」システムになっているかもしれません。
しかし、個人のレベルで見れば手間が増えたという改修でも、会社全体の目的から見れば使いやすくなった、または必要なプロセスだったというケースもあるのです。その場合、企業は運用担当者に対し、実現したいサービスと何故この手順になっているかといったことをきちんと説明し、理解してもらう必要があります。
担当者個人として運用しやすいかどうかではなく、会社全体として運用しやすいかどうかが重要なのです。

■開発と運用が相互理解、刺激しあう関係を

−エクシン・ジャパンとしてプロジェクトマネジャーを対象とした取り組みをする予定はありますか。

中川:プロジェクトマネジャーとITIL Managerとの交流の場を設けてみたいと考えています。または、ITILのセミナーにプロジェクトマネジメント分野の有識者をお招きするのも良いですね。
さらに、PMIが実施するセミナーなどに参加させていただいて、プロジェクトマネジャーを対象にした活動を進めていきたいと考えています。ITIL V3が始まったばかりなので、まずは教材や試験の日本語化などの準備を進めた上で実現させたいです。

現在、ITサービスマネジメントが様々なサービスを包含するようになってきています。ITサービスマネジメント(ITILのみならず、その上位規格のISO20000や、マイクロソフト製品に特化したMOFも含めて)を全体の傘として、他のサービスがその中に入ってくるようなイメージでしょうか。今後、エクシン・ジャパンとしては、セキュリティやBCM (Business Continuity Management:事業継続管理)も包含したサービスを提供できるような人材の育成を目指していきたいと考えています。テクニカルな視点だけではなく、ビジネス、マネジメントの視点でITを考えることが出来る人材が増えていくことが望まれます。

−これからITILの資格取得を目指すプロジェクトマネジャーに向けて、メッセージをお願いします。

中川:ITIL V3のライフサイクルを身につけていただいて、よいシステムを是非一緒に作っていきましょう。
景気が低迷する中、新規の開発は少なくなっています。一方、今あるものをいかに改善していくか、新たな機能を追加するか、といった案件が増えてきています。そういった案件の場合、現在の運用状況を理解した上で開発していくことが重要になってきます。その意味でもITIL V3やその上位規格のISO20000は理解しておいて欲しいと思います。

PMP資格保持者にITIL V3を学んでもらい、その知識をシステム開発に活かすといったことや、プロジェクトマネジメントの知識を活かして運用の現場で改善を行っていく、そういったことが出来るのではないかと期待しています。

運用と開発の間に常に刺激があった方が良いと思っています。お互いが刺激しあうことで、運用、開発双方の担当者のスキルも向上するのではないでしょうか。セミナーなどの外部の刺激だけではなく、実際の現場を通じてスキルアップにつながっていくのが望ましいと思います。

(文中敬称略)

取材を終えて-

前回のPMI日本支部の方々との取材時にも出た、「開発と運用の相互交流」が今回も話題にのぼりました。双方のお話を聞いて、開発は開発のことだけ知っていればいい、運用は開発されたものを運用していればいい、という考えは改める必要があるということを改めて感じました。
ジョブローテーションによる社内での相互理解を深めるには、企業としての取り組みが必要になってきます。CIOやCTOといった経営陣に相互理解の重要性を理解してもらうといった意識改革も重要なのですね。

開発、運用それぞれの担当者がお互いの業務を理解し、話し合いと合意に基づいてシステム開発を行えば、「作って1年、守って10年」と言われるシステムも円滑に、効果的に運用できるのではないでしょうか。

プロメトリック株式会社
鹿倉 一葉

本ページに記載された情報は初掲載時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があります。何卒ご了承ください。