プロメトリック、Institute for Credentialing Excellence Annual Educational Conferenceにてテスト業界の成功事例を発表

―MyItemWriterに関する最新情報が明らかに―

2012年10月22日 アメリカ合衆国メリーランド州ボルチモア

試験作成・配信サービスのプロバイダーとして市場をリードし信頼を得ているプロメトリックは、11月6日から9日にかけて米国カリフォルニア州パームスプリングスで開催予定の2012年Institute for Credentialing Excellence (ICE) Annual Educational Conferenceにおいて、テスト業界の成功事例についての発表を予定しています。

4日間の日程で開催されるこのイベントは、学術機関、金融、官公庁、ヘルスケア、専門機関、一般企業そしてIT業界のリーダーに向けたものです。プロメトリックは同イベントのダイヤモンドスポンサーとして、MyItemWriterのデモンストレーションを米国で初めて行います。

「ICE会議は試験、ビジネス、教育各分野におけるリーダーにとって、試験・評価に関する最新のイノベーションと成功事例を共有するよい機会です。認定試験の運営や試験作成に関する最新情報を交換できることを楽しみにしています。」プロメトリックのProfessional Services部門Vice PresidentでICE取締役でもある、Linda Watersは述べています。

プロメトリックが開催するセッションは次の通りです。

NCCA Standards: A Framework for Building a Quality Certification Program
National Commission for Certifying Agencies (NCCA、全米資格認定委員会)の規定を満たす新たな認定試験プログラム立ち上げの成功事例とは。

MyItemWriter Simplifying Item Authoring One Item at a Time
MyItemWriterはアップル社のApp Storeからいつ頃ダウンロードできるようになるか。また料金は。

Developing and Supporting a Truly Global Certification Program
プロメトリックは、160カ国以上で年間1,000万試験を配信。400ものクライアントの試験を世界8,000カ所以上の試験会場ネットワークを通して配信する際の課題とは。プロメトリックはいかにして今までの3分の1の時間で試験作成をなし得たか。

Driving Success: Setting Cut Scores for Examination Programs with Diverse Item Types
能力・知識を問う試験問題作成方法とは。選択肢形式から、新しくよりインタラクティブな問題・解答形式にシフトしてゆくのか。

Going LOFT: Implementing Equivalent and Unique Test Forms ?Lessons Learned from Operational Programs
すべての試験に含まれる知的財産権の保護は、テスト業界の専門家および試験運営側にとって主要な関心事。"Linear-on-the-Fly Testing,"(LOFT)とは何か、また、いかにしてカンニングや知的財産侵害に対する予防手段となるか。

プロメトリックについて

ETSの全額出資子会社であるプロメトリックは、技術を活用した試験配信・評価ソリューションのプロバイダーとして信頼を得ています。能力測定におけるグローバルスタンダードとして、プロメトリックは学術機関、金融、官公庁、ヘルスケア、専門機関、一般企業、およびIT業界400社にわたるクライアントの試験を年間約1,000万件確実に実施しています。イノベーションや業務プロセスの自動化により、プロメトリックはクライアント着想のアイデアに基づいて品質、速さ、コストのいずれの面においても優れたサービス向上を実現し、各クライアントが人材を適切なタイミングで適材適所起用することをサポートしています。またプロメトリックは、160カ国8,000カ所以上のグローバルな試験会場を通じて試験を配信するとともに、Webを通じて直接受験者に試験を配信しています。
詳細はwww.prometric.com をご覧ください。