ブラジル国内における米国統一CPA試験を南米全域に拡大

―受験者はブラジル国内のプロメトリック試験会場6カ所にて受験が可能に ―

2013年6月26日 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク

米国公認会計士協会(AICPA)および全米州政府会計委員会(NASBA)は、2013年7月1日より、ブラジル国内における米国統一CPA試験(以下、CPA試験)について、南米全域の資格を有する市民および永住者が利用可能となることを発表しました。受験者は、プロメトリックWebサイトから予約することで、ブラジル国内の試験会場6カ所にて試験を受けられるようになります。

CPA試験の運営部門は、アルゼンチン、コロンビア、ベネズエラの市民および永住者もブラジルで受験できる制度を2012年2月に開始しました。2013年7月1日には、ボリビア、チリ、エクアドル、フランス領ギアナ、ガイアナ、パラグアイ、ペルー、スリナム、ウルグアイの市民および永住者にも拡大されます。 

現在CPA試験は、米国公認会計士資格に対する世界的な需要の高まりを受け、世界各国で外国籍の受験者のために実施されています。この海外配信が実施される前年の2010年には、海外から1万人以上の受験者が米国を訪れ、CPA試験を受験しました。これは2009年比で22パーセントの増加でした。なお、海外在住の米国市民はどこでも試験を受けることが可能です。

海外におけるCPA試験は英語で実施されており、AICPA、NASBA、およびプロメトリックが米国内で実施する試験と同一です。また、海外の受験生に要求される試験資格も米国の受験生に要求されるものと同一です。ただし、海外の受験生は、CPA試験に合格するとともに、全米州政府会計委員会が義務付ける教育・経験における要件を満たす必要があります。

米国において、会計委員会は、米国公認会計士資格の付与を認められた唯一の政府機関です。南米の受験生は、国外の受験生に受験資格の提供を行う特定の会計委員会を通じて、同試験に申し込むことができます。参加会計委員会のリストおよび受験料金についての情報は、NASBA Webサイトをご覧ください。

AICPA Webサイトでは、海外におけるCPA試験に関する最新のFAQ(よくある質問)をご覧いただけます。

全米州政府会計委員会(NASBA)について

100年以上の歴史を持つNASBAは、全米の州政府会計委員会フォーラムを運営し、CPA試験の実施運営、70万人以上の公認会計士に対する免許の交付および公認会計士業務の規制を行っています。
NASBAの使命は、全米各州にある会計委員会の規制順守に対する効果を高め、共通の利益を推進することにあります。また、各州の会計委員会の情報交換を促し、米国内55の法域の要望に応えています。

本部はテネシー州ナッシュビルにあり、ニューヨーク州ニューヨークとプエルトリコのサンファンに出張所を、グアムにコンピュータ形式の試験会場およびコールセンターを開設しています。NASBAに関する詳細はwww.nasba.orgをご覧ください。

プロメトリックについて

プロメトリックは、テスト開発と配信業務のプロバイダーとして信頼を得ています。その人に最も適した試験を、最も便利な場所で、最も便利な時間に提供する。プロメトリックは、これを最重要課題に掲げ、全力を上げて世界各国の受験者をサポートしており、受験者が受ける試験の件数は年間1,000万件近くに達しています。現在、技術革新とワークフローの自動化、標準化により、プロメトリックは、試験作成・配信ソリューションを進化させて、その高品質化、迅速化、低コスト化を進めています。現在、学術機関および金融機関、官公庁、医療機関、専門機関、企業、IT業界の400を超えるクライアントの委託を受け、160カ国8,000カ所以上のグローバルな試験会場を通じて試験を配信するとともに、Webを通じて直接受験者に試験を配信しています。
詳細はwww.prometric.comをご覧ください。

米国公認会計士協会(AICPA)について

AICPAは、公共の利益に資してきた125年の歴史を持ち、世界128カ国に約38万6,000人の会員を擁する世界最大の会計士協会です。AICPAの会員は、商業分野、工業分野、公共分野、国家機関、教育機関、コンサルティングといった数多くの分野を網羅しています。

AICPAは、公認会計士業務に関する専門職向けの倫理基準、また民間企業、非営利団体、連邦政府、州政府、地方自治体の監査における米国監査標準を策定しています。また、CPA試験の作成と採点を行うとともに、個人向けのファイナンシャル・プランニング、不正監査と法廷会計、企業価値評価、情報通信技術の分野に特化したCPAの認定も行っています。AICPAは、管理会計士勅許協会(CIMA)との合弁事業を通じて、管理会計を世界的に広めるためのグローバル勅許管理会計士(CGMA)という資格を設けています。

AICPA はニューヨーク、ワシントンDC、ノースカロライナ州ダラム、ニュージャージー州ユーウィングにオフィスがあります。

報道関係者の皆様は米国公認会計士協会(AICPA)プレスセンターをご覧ください。