配慮申請

受験に際して合理的配慮の提供が必要な方は、試験の予約前に申請が必要です。申請前に申請手順をご確認の上で「配慮申請フォーム」より申請してください。

申請内容により申請から対応可否の確定までに最短で1週間~最長で4週間ほどかかります​。また、ご要望にお応えできない場合もございますので予めご了承ください。

各会場の車椅子対応状況は「試験会場一覧・検索」よりご確認いただけます。

以下の物品の持込みについては、事前申請は不要です。試験日当日に、会場受付に持ち込み希望の旨をお申し出ください。Bluetoothなどの通信機能付き補聴器や電子機能付きの物品については、お持込みいただけません。

  • 拡大鏡、ルーペ、補聴器、杖類
  • 義手、義足、および、四肢・体幹の機能障害の軽減を目的として使用する補助器具

申請手順

Step1:申請

配慮申請フォームにてご要望をご入力の上、申請してください。
試験および申請内容により、申請の際に根拠資料(医師の診断書、障害者手帳など)のご提出が必要となります。

車椅子での受験をご希望の場合、「車椅子の全幅」「床から肘置きまでの高さ」「肘置き先端から一番後ろまでの長さ」「車椅子の重量」の情報が必要です。申請前にご確認ください。

Step2:申請内容の確認

申請内容に基づき、プロメトリックまたは試験主催者団体が合理的配慮の提供の可否について検討します。

Step3:対応内容のご連絡

申請者様宛にEメールまたは電話にて、対応内容について回答します。
追加でヒアリングさせていただくことがあります。

Step4:予約完了

弊社からの案内に基づき、受験者ご自身で予約を完了していただきます。
予約が完了したら、予約内容(会場、試験日、開始時間)をカスタマーサービスまでご連絡ください。
ご連絡がない場合は試験日当日に対応ができない場合がありますのでご注意ください。

LANGUAGE
  • wovn-lang-name